瑞龍寺ライトアップ

瑞龍寺は、富山県で唯一、国宝に指定されている曹洞宗の寺院で、
加賀藩2代藩主である前田利長の菩提寺で、加賀藩120万石の財力を象徴する壮大で美しい寺院です。
また瑞龍寺では仏殿・法堂・山門の3棟が国宝に、総門・僧堂・高廊下・回廊・大茶堂が重要文化財に指定されており、
貴重な建造物を数多く見られることでも有名です。
4月には「春のライトアップと門前市」というイベントが開催されます。
こちらも国宝が美しくライトアップされるイベントなのですが、
音と光を組み合わせた演出やプロジェクションマッピングの上映なども加わり、
より華やかで芸術的な印象です。同時に開催される門前市では、
富山のグルメなどをたっぷりと堪能することができますよ♪
県西部や県内外からたくさんの店が集まり、お祭りのように大勢の人で賑わいます。
美しくライトアップされた瑞龍寺と活気あふれる門前市へ是非訪れてみてみてはいかがでしょうか。

「春のライトアップと門前市」
開催期間 4月29日(日)~5月1日(火)
開催時間 18:30~21:30(門前市は17:00頃~)
会場名 国宝 瑞龍寺
住所  〒933-0863
    富山県高岡市関本町35
電話番号 0766-22-2224  (北日本新聞社高岡支社営業部)
料金   前売券350円、当日券500円(中学生以下無料)